院長のひとりごと

鍼灸・指圧治療院の院長が日々考えることをつづります。

メガネを新調

2011-04-28-Thu-22:11
メガネを新調
最近、視力が合わなくなってメガネを作りました。
初めてメガネをかけたのは中学の1年生。
その頃は授業中だけ。

高校卒業の頃からはほとんどメガネなしの生活はありませんでした。
だから今まで何十本も作りました。

金縁だったり、黒のセルだったり、縁なしだったり。
カラーを入れたり、色の変わる調光レンズにしたりと。

でも視力は少しずつ悪くなって
裸眼で0.1です。

それがこの頃近くの文字はメガネを外さなければ見えなくなってきました。
そう、老眼なんです。

近くの眼鏡○○へ行って視力検査をしてもらってところ
今までのメガネで遠くは良好らしい。
近くの文字を見るのは裸眼でちょうどいいという。

遠近両用を薦められたが、以前に購入した時に馴染めなかったので
今まで通りの近視のメガネにうすいカラーを入れてもらって新調しました。


パソコンを打つのも、仕事をするのもメガネは不要になりそうです。
もう少し悪くなったら老眼鏡が必要になるかも。

還暦を過ぎて知らないうちに目も耳も歯もそれなりに加齢現象か。
気持ちだけは歳をとらないようにしたいな。

院長
http://www.nen-ei.com/
スポンサーサイト
HOME NEXT