FC2ブログ

院長のひとりごと

鍼灸・指圧治療院の院長が日々考えることをつづります。

2006年の反省

2006-12-29-Fri-19:57
ミニ門松

師走は日数が過ぎるのが本当に早いですね。
2006年もあとわずかで終わりとなります。

皆様にとって今年はどんな一年だったのでしょうか?

(財)日本漢字能力検定協会主催の
2006年「今年の漢字」は
「命」
だそうです。

これは今年の世相を表す漢字を一字で表すものを
全国公募された結果とのことです。

たしかに、さまざまなニュースを聞くたびに
命の重みや大切さを実感した一年であったと思います。


さて、それでは私にとっての
「今年の漢字」とは何か
いろいろ考えてみましたが、

「移」

という字が私にとって一番しっくりとくるように感じます。

今年は治療院を移転オープンさせました。

また個人事業から法人へ移行させました。

そして新たなことに挑戦するため、自分の考え方を改めて考え直すなど
気持ち、考え、自分自身において
これまでのものから移り変わったことなども多くありました。


移り変わることがすべて良しとは限りませんが
どうすれば患者さんに喜んでもらえるのか
どういう治療院ならば自分が行きたいと思えるのか
ということを模索しながらの一年であったので、
結果的に「移」という字が一番しっくりきてしまったようです。

本日で当院も仕事納めとなりました。
皆さん、本当にありがとうございました。

来る年は、今年以上に
明るく楽しい一年でありますように!!

院長の治療院
http://www.nen-ei.com/
スポンサーサイト
HOME NEXT