院長のひとりごと

鍼灸・指圧治療院の院長が日々考えることをつづります。

孫たちの誕生会

2018-04-17-Tue-10:02
孫たちの誕生会1
3人の孫たちは揃って4月生まれです。
今年は日程の関係でまとめて誕生日をお祝いしました。

一昨日の日曜日、
午前中に孫を連れてプレゼントの買い物に出かけました。

今年は「こえだちゃんと木のおうち」という玩具です。
いろいろ付属品があるようです。
ファミリーやお友達、家具調度品など本体だけでは終わらないようです。

孫たちの誕生会2
上の双子の孫らは本や文具などで少し安上がりでした。
それでも昼は外食。楽しい出費です。

そして夕方、娘の家へお呼ばれして誕生会でした。

あと何年、誕生会へ呼んでくれるかな?


院長
http://www.nen-ei.com/
スポンサーサイト

富士霊園

2018-04-09-Mon-13:43
富士霊園
昨日の日曜日、バスツアーで横浜中華街から
千鳥ヶ淵、浅草寺などへ出かける予定だったのですが中止になりました。
さくら見物なのに今年は東京に桜がないという事でキャンセルが相次ぎ
旅行社から中止させてほしいと連絡がありました。

予定していたお花見ができないのなら、
桜が咲いているところを探そうということになり
小山町の富士霊園へ行ってきました。
前日にテレビで富士霊園の桜が満開との情報があったので。

バスツアーと違って、時間に追われることはないのですが自分で運転しないといけません。
みんな同じ目的で大勢の人が押し寄せていますので、
予想通り大渋滞でした。

それでも運良く駐車もできて、家内も大満足でした。


院長
http://www.nen-ei.com/

頼朝桜まつり

2018-03-05-Mon-14:33
頼朝桜まつり
昨日の日曜日、バスツアーに参加しました。
今回は早咲きの桜を見に南房総までのツアーです。

暖かい日で、春うららです。
残念なことに見頃は過ぎていたようです。
それでもしっかり咲いているのを探してパチリ!

鋸南町という佐久間ダム湖畔に14,000本の河津桜を植えています。
この町はマラソンの高橋尚子が練習に使った場所らしく、
小出監督と一緒に短歌を詠んだ「夢」という名の石碑が立っていました。 

『雨風に 耐えて花咲く 時を待つ
         夢の懸け橋 鋸南の道』 小出義雄
『何も咲かない 寒い日は 下へ下へと
根を伸ばせ やがて大きな花が咲く』 高橋尚子

帰路はバスツアーにつきものの事故渋滞に巻き込まれ、
木更津からアクアラインに入るところで90分ほどほとんど動かなくなり
家に帰ったのは夜9時半ごろでした。

疲れましたが、また来月も出かけます。


院長
http://www.nen-ei.com/

富士毘沙門天

2018-02-24-Sat-09:40
富士毘沙門天
今日までの3日間、富士毘沙門天大祭が開かれています。
自宅から徒歩3分位のところなので、毎年参拝しています。

開催日は旧暦の1月7,8,9日ということで、
今年は2月23日が中日になりました。(例年よりずいぶん遅い)
露天商が立ち並ぶ店を物色しながら1㎞ぐらい歩きます。

このお祭り、日本3大だるま祭の一つに数えられるだるま市なのですが、
もう「だるま」は買いません。

例年決まって購入するのが、七味唐辛子です。
口上を聴くのが大好きです。
その他、イカ焼き,とり皮焼き、広島焼き、焼きそば、もつ焼きなど
どれも美味しそうなので今年は大枚叩いて欲しいものを全部購入。
夕食に美味しくいただきました。

毘沙門名物「たん切り飴」も治療院にお土産に購入。
お祭って楽しいですね。
この3日間で20万人の人出だそうです。z

そういえば昨日2月23日は
静岡県民は「富士山の日」ということで休日にしている学校もあります。
再来年からは天皇誕生日となり、祝日になります。

私の住む町は雪も降ることなく、温暖に過ごせるのは富士山のお蔭かも。
感謝!感謝!感謝!です。


院長
http://www.nen-ei.com/

浅草見物

2017-12-11-Mon-14:58
浅草見物1
昨日の日曜日、今年最後のバスツアーで出かけました。
浅草で3時間の自由行動です。

昼食に江戸前寿司を頂いた後、定番の雷門で写真を撮り、
仲見世を歩きまわってお土産を買いました。

浅草見物2
その後、家内が行きたがっていた「ふくろうカフェ」へ
フクロウに触れあえるという事で子供連れやカップルなどで混み混みでした。

今回のバスツアーの目玉は「舟木一夫の忠臣蔵とコンサート」
新橋演舞場での観劇は夜の部です。
少し時間があったのでコーヒーを飲んでから入場。

舟木一夫世代ですから70過ぎの方が大半でした。
忠臣蔵はご存知のストーリーです。
里見浩太朗や尾上松也など豪華配役で楽しませていただきました。

その後、コンサートでは
いつまでも青春をしている彼の「高校3年生」から「高原のお嬢さん」
ヒット曲の数々を聴かせていただき、夜遅く帰ってきました。

家内も私も少し興奮気味の一日でした。


院長
http://www.nen-ei.com/
HOME NEXT